SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

山口俊と重なる感覚。日ハム2位・立野和明の武器となる球とは!?

Text:高森勇旗

ドラフト候補の投球を捕球してその体感をつづる 「ブルペンキャッチャー・高森勇旗」。
今回は日本 ハムからドラフト2位指名を受けた本格派右腕・ 立野和明(東海理化)をキャッチング。
2月20日のベイスターズとの練習試合でも1回を3人で抑えた立野の放つ魅力に迫る。

立野和明①(別タブで開きます)

日ハムD2位:立野和明② 王道なフォームと王道なストレート

「今日、どんな感じで投げたらいいですか? 何球くらい投げればいいですか? 変化球は必要ですか?」
自分が投げることより、こちらの取材の「取れ高」を気にする選手は初めてかもしれない。こちらのことは気にすることなく、自分の調整に適したピッチングでいい、と伝えると、「わかりました」と言ってピッチングに入った。非常に律儀な男である。

立ち投げの1球目。真っすぐな縦回転のボールがミットに収まる。
「おぉ? これは王道だ」
クセのないフォームに、真っすぐ上から振り下ろされる右腕。ボールの伸びは驚異的で、捕る時はイメージよりも少しミットを上に置かないと、うまく捕れない。伸びがあって、力強い。
大きな体を非常に柔らかく使ってボールをリリースしてくる。ゆえに、ボールは繊細である。プロ1年目、1学年上の先輩だった山口俊さん(現巨人)のボールを受けた時と同じ感覚である。
9球の立ち投げを終え、ピッチングに入った。

このカットボールは……!

これだけ恵まれた体を、しかも柔らかく使えるのである。ストレートが一級品なのは、ある意味当たり前とさえ思えてきた。しかも、目の前のこの投手はすでにプロから指名されている。これくらいで驚いてはならない。しかし、次に投げるカットボールは、十分驚くに値するボールだった。
「これは……! 久しぶりに、本格的なカットボールだ!」

これまでも、カットボールは何度も受けてきた。しかし、そのほとんどが「速いスライダー」か「小さいスライダー」だった。回転もスライダーとほとんど同じで、バッターが「カットボール」と認識するかどうか……というボールも多い。
そんな中で、立野投手の投げるカットボールは、紛れもないカットボール。スライダーとはまったく違う軌道を描く。ストレートと遜色ないスピードで、真横に「滑る」。沈むどころか、むしろ浮き上がるような軌道で横に動く。
回転もスライダーとは違い、斜めに高速に回転している。恐らく、ボールの握り自体も、スライダーとカットボールでは明らかに違うのだろう。そう思えるほど、このボールはいい。

左バッターのインハイに文字通り食い込む。このボールをしっかりとコントロールされたら、左バッターは本当に苦しくなる。
これだけ体に近いところに投げられて、しかも曲がってくるとなると、まずバットに当てられない。その上、当たってもファウルにしかならない。
2球連続で投げられれば、かなり高い確率で2ストライクが確定する。恐ろしいボールだ。

その後、カーブ、スライダーと変化球をそれぞれ受けたが、どれも非常にレベルが高い。これだけ腕を真っすぐに振れるのだから、カーブがいいことは想像がついた。きれいに縦に割れて、ボールもしっかりと抜けてくる。
緩急をつけるには申し分ない。スライダーも、変化の幅がしっかりと取れているため、空振りも取れるレベル。

そして、なんといっても特筆すべきはスプリット。とにかく、球速が速い。指で挟むボールで、これだけのスピードを保てるのは、指先の感覚が相当研ぎ澄まされているのだろう。ボールの落ち方も素晴らしい。左バッターに対して、あのカットボールとこのスプリットがあれば、無敵である。

次回、「立野和明:③とにかく、柔らかい」へ続く
(初出:【野球太郎No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号 (2019年11月27日発売)】)

(捕球・文=高森勇旗)
1988年生まれ、富山県高岡市出身。
岐阜・中京高~横浜(DeNA)。高校時代は強打の捕手として注目され、2006年高校生ドラフト4巡目で横浜に入団。2009年にはファームで打率.309、15本塁打を記録するなど期待されたが、2012年に戦力外通告を受け退団。『野球太郎』No.006よりスポーツライターとしても活動を開始した。

『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。