SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

走らせない!走れば高確率でアウトにできる虎の頼れる正捕手!梅野隆太郎

梅野隆太郎がセNo.1捕手と言える数字

7月23日に阪神甲子園球場で行われた広島カープとの一戦で、4打数1安打と昨夜は打撃で大きな活躍はなかった梅野隆太郎。

しかし、守備では約1年ぶりに1軍先発登板を果たした藤浪晋太郎を好リードし、5回まで無失点の投球を引き出した。6回にピレラにまさかの満塁ホームランを打たれたものの、次戦に確実に繋がるピッチングを藤浪晋太郎は見せてくれた。

昨夜の試合で目立ったのが、広島カープのダブルプレーの多さだ。藤浪晋太郎は6四球と一塁にランナーを出したものの、盗塁阻止率.600とセ・パ両リーグ断トツ1位の梅野隆太郎の前に機動力が武器の広島カープですら走ることができなかった為、藤浪晋太郎が内野ゴロで打ち取り、ダブルプレーでピンチを切り抜けられた。

走らせない、走れば高確率でアウトにできる梅野隆太郎の捕手としての能力の高さが積極走塁が売りの広島カープ打線をも小さくさせたのだ。

守備だけでなく、打率.333、2HR、6打点、出塁率.432、OPS.938と長打が打てる捕手でもある。

守備、打撃どちらの数字を見ても、今の梅野隆太郎を超える捕手はセ・リーグにはいない。

日の丸を背負って扇の要に座る梅野隆太郎の姿を目にする日は近いかもしれない。