SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

2戦連続10回0封で2軍防御率0.00!1軍初先発初勝利目指すアルカンタラ

1軍初先発初勝利目指すアルカンタラ

5月11日に1軍初合流を果たしたラウル・アルカンタラが、来日初先発する16日の巨人戦に向け、15日、東京ドームで最終調整を行った。

キャッチボールや短かいダッシュを行い、打倒巨人へ態勢を整えたアルカンタラは、「興奮しています。初めての公式戦での登板ですが、全てがうまくいくように願っています。ミーティングや試合を見ながら勉強はしていました」。と初登板初勝利に向け、巨人打線の研究を行い、準備万端だ。

アルカンタラは1軍昇格前、最後の登板となった5月7日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦を5回、83球、3安打無失点と好投し、5回無失点だった前回登板の1日の広島カープ戦に続き、2試合に登板し、10イニング連続無失点と完璧なピッチングを披露し、1軍昇格を勝ち取った。

7日の試合では、1軍昇格を見据え、「プロ初打席」も経験したアルカンタラは、来日後かつプロで初めて打席に立ち、フルスイングを見せるなど、1打数無安打1四球とノーヒットながら四球を選び、初出塁を果たしていた。

来日後かつプロで初めて打席に立ったアルカンタラは「楽しかったし、(打撃は)好き」。と語っており、今日の試合で1軍初打席を迎えるアルカンタラに注目したい。

球団の新外国人がデビュー戦で巨人相手に先発するのは、2010年フォッサム以来で、勝てば2002年ムーア以来となる。

韓国リーグ20勝と実績十分で、2軍では10イニング連続無失点と防御率0.00と完璧な投球を見せたアルカンタラが巨人打線相手にどのような投球を見せるのか注目だ。

伝統の一戦2000試合目を僅差で落とし、今シーズン巨人との対戦成績を4勝4敗の五分とし、矢野監督が勝ち越しを掛け、満を持して投入するアルカンタラが初登板初勝利を掴むことができるか楽しみだ。