SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

3打席連続適時打含む4H3打点の大暴れ!矢野監督が1軍最短復帰目論む阪神期待の強打者とは!?

1軍最短復帰へ4安打3打点と結果残した佐藤輝明

9月19日に行われたウエスタン・リーグの中日ドラゴンズ戦に、「4番・右翼」で先発出場した佐藤輝明は、5打数4安打3打点と、2軍降格後、初めての打点と猛打賞を記録し、1軍最短復帰へ大きなアピールをした。

初回1アウト2塁のチャンスの場面で打席に立った佐藤輝明は、中日ドラゴンズ先発の高橋宏斗のストレートをセンターに弾き返し、2軍降格後、初めての打点となるタイムリーヒットを放つと、3回2アウト2塁のチャンスの場面で、再び高橋宏斗の2球目148キロのストレートをセンターオーバーのタイムリーツーベースヒットを放ち、追加点を奪うと、勢いは止まらず、5回ノーアウト1、3塁のチャンスの場面で、中日ドラゴンズ2番手・橋本侑樹の2球目146キロのストレートをライトへ運ぶタイムリーヒットを放ち、猛打賞を記録すると、9回2アウト走者の場面では右中間へツーベースヒットを放ち、4安打&3打点の活躍の披露した。

8月26日の1軍でのDeNAベイスターズ戦以来、24日ぶりにゲームで打点をマークした佐藤輝明のは、4安打&3打点の活躍でようやく佐藤輝明を苦しめていた緊張の糸がほぐれ、安堵の表情を見せた。

2試合連続マルチヒットと復調気配の佐藤輝明に対し、平田2軍監督は打球も上がってるし、ものが違うよと絶賛した。

矢野監督も3打席連続タイムリーヒット含む4安打、3打点の佐藤輝明の活躍を耳にし、得点圏で1本が出ない阪神打線の起爆剤として1軍最短復帰を目論んでいる。

台風の影響で2日間試合がなく、室内練習で鏡を見ながらスイングし、打ち込んだことで、自分のイメージを取り戻しつつあると平田2軍監督は明かした。

2軍で自分のスイングを見つめ直し、修正を加えた佐藤輝明が1軍復帰する日はもう目の前まで来ている。