SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

2軍降格後、2試合連続ヒットで2軍打率.429!最短10日での1軍再昇格目指す小野寺暖

マルチヒットで存在感放った小野寺暖

4月10日にエブリイ福山市民球場で行われたウエスタン・リーグの広島カープ戦に、「3番・中堅」で先発出場した小野寺暖は、4打数2安打1打点と、マルチヒットを記録し、1軍再昇格へアピールした。

3回2アウト1類の場面で打席に立った小野寺暖は、広島カープ先発の高橋昂也の2球目ストレートをセンターへ弾き返し、タイムリーツーベースヒットを放つ。さらに8回2アウト走者なしの場面で、広島カープ2番手・森浦大輔の5球目ストレートをレフトへ飛ばし、マルチヒットを記録した。

小野寺暖は今シーズン、自身初の開幕1軍をつかむも、主に代打から出場して5打数無安打とヒットを放てず、9日に1軍に合流した高山俊、岩貞祐太、島田海吏に代わり、小野泰己、長坂拳弥と共に、登録を抹消された。

しかし、登録を抹消された9日の広島カープ戦に先発出場すると、広島の新外国人アンダーソンの内角ストレートをコンパクトに捉え、打球は一直線でレフトスタンドに突き刺さるソロホームランを放ち、最短10日での1軍再昇格を誓っていた。

2軍降格後、2試合連続でヒットを放ち、2軍打率.429と2軍には敵なしの印象を与えた小野寺暖。

1軍での打席はまだ5打席のみ。矢野監督が最短10日で1軍再昇格させ、スタメン起用の機会を与えれば、昨シーズンウエスタン首位打者の小野寺暖が1軍で花開く可能性は十分にある。

小野寺暖が今シーズン、ブレイクしてくれることを期待したい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内