SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

山崎まりと加藤優が、お互いを男子選手に例えると誰?【山崎まり&加藤優:対談第4回】

Text:花田雪

ファイターズの2選手を選出!

女子野球界を代表する選手でもある山崎まりと加藤優。今シーズンはお互いに活躍の場を変えたが、その親交は今も続いている。そんなふたりに、「プレイヤー」としてお互いをどう見ているのか、ズバリ聞いてみた!

――山崎選手から見た、「女子野球選手・加藤優」はどんな選手ですか?

加藤 やば、ちょっと緊張しますね(笑)。

山崎 優はすごくきれいなスイングをするんです。コンパクトに、しっかりとボールをとらえることができる。プロでも年々、打率を上げていましたし、ファウルで粘ることもできるので相手ピッチャーから見たらすごく嫌なバッターだと思うんですよね。選球眼も良いし、チームメイトだったころは頼もしい後輩という目で見ていました。プロ入り後はどうしてもその「容姿」に注目が集まることが多かったんですけど……(笑)。そういう部分をもっと見てほしいなとも思います。守備でも外野で思いっきり飛び込んだり、ガッツあるプレーを見せてくれるし、ワンプレー、ワンプレーで泥臭いところも見せてくれますね。

――男子選手で言うと、誰のようなタイプですか?

加藤 足が遅いからなぁ……。もし、足が速かったらという前提でお願いします(笑)。

山崎 日本ハムの近藤健介選手ですかね。バットコントロールが巧みで、選球眼も良い。しぶといところも印象がかぶるかもしれません。

加藤 めっちゃ、うれしいです!

勝負強さと長打力は、まさにあのスラッガー!

――では逆に、加藤選手から見た山崎選手は?

加藤 まりさんは勝負強くて長打力があって、ここぞというときに決めてくれる選手です。「勝負一瞬」という言葉を座右の銘にされているんですけど、まさにそんな選手。女子選手の中で、こんなに勝負強いバッターはいないんじゃないかと思いますね。2019年の女子プロ野球・春季リーグ最終戦で打ったサヨナラホームランは、今も鮮明におぼえています。女子野球はそんなにホームランが出ないんですけど、「あの場面で打つか」っていう。延長戦で、チームの2位を決める一発だったので本当にすごいなと。男子で言うと、誰ですかね……。中田翔選手(日本ハム)とか? キャラは全然違いますけど(笑)。

山崎 うれしい! たしか同い年だよ。

加藤 本当ですか! ……見えない(笑)。でも、長打があって勝負強いバッターって言うと、中田選手が一番しっくりくるかな。まりさんに「ジャイアンっぽさ」は皆無ですけど(笑)。

山崎 ちょっと、髪短くしようかな(笑)。(次回に続く)