SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

「二塁まで1.8秒台」かつ「完成度抜群の打撃」。星稜のドラフト候補捕手とは?

昨秋から捕手に転向の内山壮真!

スカウト的観戦者カルト座談会④
※センバツが中止発表される前に開催された座談会です。もし開催されていたら、という視点でお読みください。

──センバツ組の野手はどうでしょう? 来田涼斗(明石商高)以外では、東海大相模高の西川僚祐、山村崇嘉……

髙梨 実際にドラフトにかかるとなったら西川だけじゃないですか。パワー、雰囲気、総合力といった点は1位候補かと。タイミングの取り方は中学の頃のほうがよかったけど。

yuki 西川はセンバツで一発打てるかどうかですね。やっぱり波があるけど、いい波をつかんでヒットもホームランも出れば、上位指名もありえるかなと。

──蔵さんはセンバツ出場の野手で星稜高の捕手・内山壮真、明徳義塾高の外野手・奥野翔琉をオススメ。

蔵 奥野は足がすごく速いです。守備と足はあるけど、バッティングはちょっと弱いので大学タイプかなという気はしていますが、穴狙いで。
一方の内山は、昨年まで正捕手だった山瀬慎之助(巨人)よりも捕手らしいかなと。山瀬と奥川のバッテリーの場合、気遣いというよりは、長年コンビを組んできたことでの以心伝心があった。勝手に二人でわかり合えるみたいな感じでしたけど、内山は探って探って投手のことを見ている。
そういう意味では捕手らしいなと。ただ、プロではたぶん二遊間を守らされると思います。

髙梨 ショートとしても魅力あるんですけどね。でも星稜OBの湯上谷竑志さん(元ダイエー)よりは少し落ちるかも(笑)。

蔵 懐かしい名前を出すなぁ。ただ、山瀬まではいかずとも肩は悪くないし、捕ってから動けるタイプなので二塁まで1・8秒台で投げられる。「打てる捕手」という付加価値もあるかもしれない。
実際、バッティングの完成度は抜群です。呼び込んで打つ技術は惚れ惚れします。

ほかの高校生野手だと、花咲徳栄高の井上朋也が気になる。打者としてはOBの野村佑希(日本ハム)よりもいいと思う。中距離系の打者ですけど、動けるし守れるから。
あとは履正社高の小深田大地もいますね。

FGE 小深田はいいですよね。

髙梨 技術だったらOBの安田尚憲(ロッテ)よりも上ですよ。ただ、体が小さいんですよね。数字より大きく見えるんですけど。

蔵 安田のようなスラッガー系じゃなく中距離系だし、対応力があるから大丈夫ですよ。僕は安田よりオリックスの吉田正尚を目指してほしい。安田より守備もうまいです。

髙梨 履正社高だと、主将で正捕手の関本勇輔もいいです。捕手らしい捕手、というタイプですよ。

yuki 確かに、高校生捕手だと一番手かもしれないですね。

ーー次回【カルト座談会⑤へつづく】へ続く

 【蔵建て男の注目選手(大学・社会人含む)】

【座談会参加者】
蔵建て男(くらたてお)、yuki、髙梨雅男、FGE(ファームゲームイーター)
進行:野球太郎編集部 構成:オグマナオト
※WEB「ラブすぽ」用に日本文芸社で元記事を再構成しています。
(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。