SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

ドラ1有望。プロの2軍をバンバン抑える社会人右腕とは?

社会人で大きく成長した栗林良吏(トヨタ自動車)

ーードラフト座談会(社会人編)①
yukiさんと蔵さんが小野大夏(Honda)を挙げています。というか、社会人投手で名前が挙がったのは小野だけ。注目株というと誰でしょうか?

FGE トヨタ自動車の栗林良吏。そこに僕が富士大時代から推している佐々木健(NTT東日本)が並び称されてるのがいたたまれなくて。
健も左という希少性はあるし、球も速いですけど、栗林と同等というのはさすがにどうなの? と。

蔵 1年目から主力で投げたということで、ね。栗林は2位くらいで指名できたらおいしいですよね。

髙梨 ちょっとサイズが小さいけど、社会人ですごくよくなりましたよね。1位指名でもおかしくない。

yuki リリーフタイプのようなタテの変化球もあって、プロの2軍相手にバンバン抑えていました。あとは、セガサミーの森井絃斗とか?

髙梨 徳島の板野高出身。甲子園まであと一歩だったんですよね。あの頃から真っすぐはよかった。

FGE あとは山本晃希(日本製鉄かずさマジック)が有力かと。

 【 yukiの注目選手(高校・社会人含む)】


ーー次回【ドラフト座談会(社会人編)②へつづく】へ続く

【座談会参加者】
蔵建て男、yuki、髙梨雅男、FGE(ファームゲームイーター)
進行:野球太郎編集部 構成:オグマナオト
※新型コロナの影響が出る前に行われた座談会です。
※WEB「ラブすぽ」用に日本文芸社で元記事を再構成しています。
(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。