SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

現・西武の宮川哲から豪快弾。社会人野球で注目のホームランアーチストとは?

スタンドを沸かす今川優馬(JFE東日本)

ーードラフト座談会(社会人編)③ 野手ですが……、投手以上に受難というか。活躍している選手がいないわけではないんですが。

FGE 近本光司(阪神)も当たりましたしね。

──よっぽど「こいつは間違いない!」くらいの評価にならないと、指名は難しいのでしょうか。

yuki 目線がそこですもんね。本当に一生懸命探してリストアップするんですけど、あがってこないんですよ。社会人選抜が出場したアジア・ウィンターリーグでは向山基生(NTT東日本)と中野拓夢(三菱自動車岡崎)が打ってましたけど、目についたのがこの2人くらい。

──そんななかでFGEさんが今川優馬(JFE東日本)をプッシュ。

FGE 都市対抗で東芝の宮川哲(西武)から打ったホームランとか、ヤバかったですよ。

yuki スタンドの沸き具合がすごいですよね。チームだけじゃなくてファンも巻き込む力がある。

髙梨 金属バットで打ってるような飛び方でしたもんね。

FGE この打ち方でここまで飛ぶんだ、という驚きがあります。ちゃんと大舞台でも活躍してますから、評価しないと。

蔵 打ち方は独特ですけど、決して当て勘も悪くないし、そんなに粗くもない。しっかり当てられる上に強く振れるので、今川は十分アリだと思います。

 【 FGEの注目選手(高校・大学含む)】


ーー次回【ドラフト座談会(社会人編)④へつづく】へ続く

【座談会参加者】
蔵建て男、yuki、髙梨雅男、FGE(ファームゲームイーター)
進行:野球太郎編集部 構成:オグマナオト
※新型コロナの影響が出る前に行われた座談会です。
※WEB「ラブすぽ」用に日本文芸社で元記事を再構成しています。
(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。