SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

都市対抗でマルチ安打。社会人2年目の「打てるショート」とは?

守備も光る高瀬雄大(明治安田生命)

ーードラフト座談会(社会人編)④ 社会人野球で注目される打者の今川優馬(JFE東日本)に関して。

FGE 不安材料は外野守備と走塁のアピールが他のドラフト候補と比べて弱いことと、あのキャラをプロが肯定的に見てくれるか。ツイッターを頻繁に更新したり、前例がないだけに面白く思わない人もいるかもしれない。

FGE だけど、去年の都市対抗を見てちゃんと自分のスタイルを認めてくれる指導者に出会えるとあんなに生き生きとするんだなと感じました。
それに今川はこれまでも周りにいい影響を与えてきましたよね。東海大北海道もJFE東日本も劇的にチームが変わりました。
周りへの波及効果も含めて、あんな選手を認めてくれる球団が出てきてほしい。

yuki 実際、去年のJFEは面白いチームでしたよね。3番・峯本匠、4番・平山快、6番・岡田耕太と、今川以外の大卒新人も活躍して。守備の人だと思っていた峯本もあんなに打つようになるとは。

蔵 平山も岡田も大学時代から評価してたけど、ああいうチームに混ぜたら光るんです。JFE東日本は社会人野球のイメージを変えました。

──社会人野手ではもうひとり、yukiさんが高瀬雄大(明治安田生命)を挙げています。

髙梨 名前はよく聞きますね。

yuki 守備がいい選手だったんですけど打撃も結構柔らかい。マルチ安打も打ったりと去年の都市対抗では結構活躍していました。ショートだと日本通運の諸見里匠もいるけど、打てるショートは高瀬かなと。

 【 yukiの注目選手(高校・大学含む)】


ーー次回【独立リーグ:四国アイランドリーグplusの見どころ】へ続く

【座談会参加者】
蔵建て男、yuki、髙梨雅男、FGE(ファームゲームイーター)
進行:野球太郎編集部 構成:オグマナオト
※新型コロナの影響が出る前に行われた座談会です。
※WEB「ラブすぽ」用に日本文芸社で元記事を再構成しています。
(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。