SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

「健大高崎史上最高の投手」。高卒3年目でドラフト注目の150キロ右腕とは?

ドッシリと来る重い球が魅力の小野大夏(Honda)

ーードラフト座談会(社会人編)② ──小野大夏(Honda)の話をくわしくお聞かせください。

髙梨 2017年のセンバツで145キロを出し、健大高崎史上最高の投手といわれた噂の右腕です。

yuki すごかったですよね、あのセンバツ。迫力もありました。

蔵 去年の日本選手権はよかったですよ。即戦力というレベルではないと思いますけど、高卒3年目である程度試合を作れるタイプなので、指名はあるかなと。うまくやれば2位指名された立野和明(日本ハム)くらいの評価になるかもしれない。

yuki 私も立野のイメージでした。球に迫力があって、重い球を投げるんです。去年春のスポニチ大会で見たときは143キロくらいでも、十分ドッシリくる球。さらに日本選手権で150キロをマークして、評価も上がっていそうです。

──他の高卒3年目だと池谷蒼大(ヤマハ)あたりでしょうか。

髙梨 静岡高出身。彼は素晴らしい球のキレですよね。投げ方もいい。

yuki 金成麗生(トヨタ自動車)も、もう高卒3年目。メチャクチャ素材型ですよね。どうなることやら。

FGE 気長に待ちましょうか……。スーパーロマン枠ですよね。

yuki 去年の都市対抗は橋戸賞が元DeNAの須田幸太(JFE東日本)だったりとベテラン勢が活躍したのもあるので、今年はもっと若手に奮起してほしいですね。

 【 yukiの注目選手(高校・大学含む)】


ーー次回【ドラフト座談会(社会人編)③へつづく】へ続く

【座談会参加者】
蔵建て男、yuki、髙梨雅男、FGE(ファームゲームイーター)
進行:野球太郎編集部 構成:オグマナオト
※新型コロナの影響が出る前に行われた座談会です。
※WEB「ラブすぽ」用に日本文芸社で元記事を再構成しています。
(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。