SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

おブス姿勢を改善する為にやるべきストレッチは1+7!

運動不足で硬くなりやすく姿勢や体型を崩してしまう筋肉は、たった一つの基本となるストレッチ「アーチストレッチ」で柔らかくすることができますが、 ほかの7つのストレッチを加えるとさらに効果的です。この「アーチストレッチ」は、胸やお腹など5か所の筋肉を同時に伸ばします。ここが縮むことがおブス姿勢になる最大の要因です。ぜひ毎日行ってください。

プラスアルファの つのストレッチのうち、左記の①〜⑤は基本の「アーチストレッチ」で伸ばす部位をそれぞれピンポイントで伸ばすものです。⑥では、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉を伸ばすことで、血流を促し、体の隅々に酸素と栄養を届け、老廃物を除去して全身の細胞を生き生きさせる手助けをします。⑦は、誰でも起こりやすい体のゆがみにアプローチするストレッチです。

それぞれストレッチのポイントは次の通り。
①お尻のストレッチ:後傾した骨盤を改善してヒップアップと脚長効果。 ②ももの裏側のストレッチ:美脚になり歩く姿もしなやかに。安眠効果も。 ③お腹のストレッチ:背すじを伸ばし、ぽっこりお腹を解消します。 ④胸のストレッチ:バストアップし、デコルテが広がって美しくなります。 ⑤首の前側のストレッチ:首や肩のコリを和らげ、頭を後ろに下げることで小顔に。 ⑥ふくらはぎのストレッチ:むくみとだるさを解消し、全身の血流を促進。 ⑦ゆがみ解消ストレッチ:姿勢を整え、全身疲労や腰痛、ひざ痛を改善。

基本の「アーチストレッチ」にこれらをプラスすれば、体の若返りを加速させることができます。

【書誌情報】
『世界一すごいストレッチ』
監修:坂詰真二

1日たった10秒でモデルのような美しい姿勢が手に入る!『世界一やせるスクワット』の監修者が教える、効果絶大な“世界一すごいストレッチ”を大公開!「太りやすい」「なんか最近疲れやすい」「実年齢よりも老けて見える」そんな人はその姿勢に原因があるかもしれません。雑誌やテレビで活躍するモデルさんなどがそうですが、パッと見で全身がキレイに見える人はただ単に痩せているから、というわけではなく、“姿勢”がとても整っています。デスクワークやスマホの普及などにより、下を向く機会が増えたことで、うしろ姿が猫背姿勢になっている方は多くいます。本書では、1日10秒で効果絶大な、姿勢が良くなる“おなか”と“胸”を同時に伸ばせる究極の時短ストレッチを紹介します!姿勢が良くなることで見た目にオーラが漂うだけでなく、健康面でも様々なメリットがあるほか、太りにくいカラダも手に入ります。さらにカラダが無理なく伸ばせるのでとても気持ちよく、リラックス効果も抜群です。どこでも簡単にできるたった10秒のストレッチ効果を、ぜひ体験してみて下さい!