SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ストレッチは我慢して伸ばしてはいけない!

ストレッチ教室などで「イタ気持ちいいぐらいに伸ばしてください」といわれたことはありませんか。痛みを感じないと効いている気がしない、伸ばすほど効果が上がるはずと思い込んでいる人は意外に多いもの。しかし、「イタ気持ちいい」はパフォーマンスアップのためにストレッチを行うアスリートの話。美容と健康のために行う場合、痛みがなく心地よい伸びを感じる範囲で行うのが正解です。

ストレッチは、リラックスした状態の筋肉を無理なく伸ばして、関節の可動域を広げていくのが目的です。ところが、痛みを感じると筋肉はそれ以上伸ばされて損傷しないように、反射的に緊張して縮もう縮もうとします。つまり、痛みを我慢して伸ばそうとすればするほど筋肉は緊張してしまい、真逆の結果を招いてしまうことに。

例えていうならばイソップ物語の『北風と太陽』。冷たい北風が強く吹けば吹くほど旅人はマントが飛ばされないように必死で抵抗しますが、太陽に温かく照らされると旅人は自分からマントを脱ぎます。筋肉は旅人と同じ。痛みのない範囲で優しくストレッチすれば、筋肉は自然に脱力して伸びやすくなるのです。痛みを我慢して、筋肉が緊張したまま無理に伸ばせば筋肉や関節にダメージを与えるおそれがありますし、顔をしかめながら行ったらシワの原因にもなります。ストレッチは痛みのない範囲で、心地よい刺激を感じながら行ってください。

【書誌情報】
『世界一すごいストレッチ』
監修:坂詰真二

1日たった10秒でモデルのような美しい姿勢が手に入る!『世界一やせるスクワット』の監修者が教える、効果絶大な“世界一すごいストレッチ”を大公開!「太りやすい」「なんか最近疲れやすい」「実年齢よりも老けて見える」そんな人はその姿勢に原因があるかもしれません。雑誌やテレビで活躍するモデルさんなどがそうですが、パッと見で全身がキレイに見える人はただ単に痩せているから、というわけではなく、“姿勢”がとても整っています。デスクワークやスマホの普及などにより、下を向く機会が増えたことで、うしろ姿が猫背姿勢になっている方は多くいます。本書では、1日10秒で効果絶大な、姿勢が良くなる“おなか”と“胸”を同時に伸ばせる究極の時短ストレッチを紹介します!姿勢が良くなることで見た目にオーラが漂うだけでなく、健康面でも様々なメリットがあるほか、太りにくいカラダも手に入ります。さらにカラダが無理なく伸ばせるのでとても気持ちよく、リラックス効果も抜群です。どこでも簡単にできるたった10秒のストレッチ効果を、ぜひ体験してみて下さい!