SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

筋肉量を増やすことを目的としたトレーニング条件とは!?

トレーニング条件

筋トレ開始時や、初めての種目を行う場合には、反復を開始してから終了するまで、正しいフォームがきっちり維持できる負荷を用います。具体的には、12回以上繰り返しができる負荷に調整し、10回を目安に反復します。あと2〜3回反復できそうな時点で動作を終了するのがポイントです。負荷や回数を増やすと、フォームが崩れることがあるので注意してください。

筋肉量を増やすことを目的とした場合には、10回前後反復できるやや強めの負荷を用いて、反復動作が持続できなくなるところまで繰り返すのが基本です。セット間の休息時間もできるだけ短くするように心がけ、30秒〜1分を目安とします。

セット間の休息が短いため、2セット目以降には疲労の影響で、自重やチューブによるトレーニングでは反復回数が減ってしまうことがあります。この場合には、疲労度に応じて目標とする回数に到達できるように負荷を減らしてみるといいでしょう。

【書誌情報】
『1日3分!ジムに行かずにマイナス5㎏!自宅筋トレ 続ける技術』
著:有賀誠司(東海大学スポーツ医科学研究所 教授)

ヒザ付き腕立て5回でも効くんです!!足に手を添えての腹筋だって効くんです!!筋トレ初心者、続かなかった方、待望の1冊!!トッププロ指導の傍らで、一般の方のボディメイクをサポートしてきた著者が「自宅筋トレ」を「続けるために」書き下ろしました!誰でも出来る!自宅で出来る!!続けて出来る!!!鍛えるために必要なのは、根性ではなく、この1冊!!!!