SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

「おしり下」を引き締めて骨盤全体に安定性を持たせよう!

Text:KANAMI

おしり下の場所と鍛えるべきポイントとは?

おしりの筋肉と聞くと、おしりの丸み部分にポテッとついているだけのように思えるかもしれませんが、実際は骨盤や太ももの骨に付着していて、姿勢=正しい骨盤のポジションの保持や脚の動きにダイレクトに関わってきます。

おしりは一つの大きな筋肉ではなく、いくつかの筋肉によって構成成されています。そのなかでバーオソルで使っていきたいのは、股関節のインナーマッスルである「深層外旋六筋」です。

深層外旋六筋は仙骨の横から始まって大腿骨の出っ張りに付着しています。「おしり下」と言っても実際には「おしりの下のほう」であり、坐骨より下ではありません。

深層外旋六筋はその名の通り、股関節の外旋に欠かせない筋肉であり、きちんと機能することで骨盤全体に安定性をもたらします。

おしり下の場所

「おしり下」の引き締めプラクティス

おしり下プラクティス

先に練習をした「おなか奥」の引き上げにプラスして「おしり下」の引き締めの感覚スイッチをオンにしていきます。レッスンのなかでも、二つを同時に意識する場面がよく出てきます。

寝たままできるKANAMI式バーオソルで夏までに美ボディを目指してみませんか?

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内