SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

重賞2着の賞金加算で1勝馬なのにオープン馬になることがある!【究極の競馬ガイドブック】

Text:長谷川雄啓

成績欄の見方

それでは、「成績欄」の中を見ていきたいと思います。いくつか並んだ同じような箱。この小さな四角い箱の中には、かなりの量のデータが収められています。一番下が、最も新しいレース。上に上がるに従って、古いレースになっていきます。つまり、一番下が前走、下から2つめが前々走、3走前、4走前…となっています。それでは、箱の中を順に詳しく見ていきましょう。これも 2019 年 10 月 27 日(日)、「天皇賞・秋」の新聞から 1枠2番アーモンドアイの前走です。まずは一番上の段から見ていきましょう。

【2段目】

●〔条件・レース名〕安田記念 G1
そのレースのクラスまたは、重賞や特別戦の場合、レース名、レースの格が書かれています。

●〔着順〕3=3着
そのレースで何着だったか。最も目立つ数字で書かれています。

重賞2着の賞金加算

クラス分けのための賞金を収得賞金と言い、勝てば一定額が加算され、それを積み重ねて、オープンクラスを目指すのですが、重賞だけは2着馬にも本賞金の半分が加算されます。

例えば、1度しか勝っていない馬は、本来1勝クラスに所属するのですが、2歳や3歳の早い時期に重賞にチャレンジして2着になると、収得賞金が増えて、クラスが上がります。

何度も重賞2着を繰り返すと、1勝馬なのにオープン馬なんてことも起こり得るのです。

【書誌情報】
『究極の競馬ガイドブック 自分で“勝ち馬”を探せるようになる』
著者:長谷川雄啓 JRAビギナーズセミナー講師

競馬場などで行われている競馬初心者施策でビギナーセミナーの講師を務めている長谷川雄啓氏。そこで競馬初心者の人々と触れ合うことで「初心者の人が馬券を買うまでに知りたいポイント」を体得してきました。これまでの教本だと、まるで家電の説明書のように、“抜け”があったらマズいと、それはそれは細かく、ビギナーには不要な細かい情報まで書いていました。この本では、そういった内容を極力省きます。ポイントを押さえれば、細かいことは自然と覚えていくので、まずは開いた“競馬の扉”を閉じさせないよう、自力で予想を楽しめるよう導いてあげるのを目的とした本です。