SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

【南部杯】ゴールドドリームはGI/JpnI5勝で実績最上位。

Text:あもあもだいち

勝馬にはメイセイオペラなど名馬が並ぶ

10月14日(月祝)、JBCの前哨戦「第32回マイルチャンピオンシップ南部杯」が、盛岡競馬場で行われる。

これまで南部杯を勝った馬には、地方所属ながらJRAのG1を勝ったメイセイオペラ。3連覇のブルーコンコルド。GI/JpnI最多勝のコパノリッキー。その他アドマイヤドン、エスポワールシチー、ルヴァンスレーヴなどそうそうたる面々が並ぶ。この顔ぶれの中に名前を残す馬が14日に決まる。
それでは、南部杯の有力馬を見てみよう。

アルクトス 前走プロキオンSを勝ち3連勝中と勢いがあり、コーナー4つよりは1ターン競馬が合っており、南部杯も1ターンの1600mのため、勝ちを意識できる1頭。

ゴールドドリーム 南部杯には過去2回出走し、5着、2着と勝ちきれてはいないが、GI/JpnI5勝ともっとも実績を残している。

ミツバ 今年川崎記念を勝ち、2000m以上の距離で実績を残しているが、重賞では初のマイル戦となるので、距離に対応出来るかが鍵となる。

サンライズノヴァ 鞍上に金沢競馬のトップジョッキー吉原寛人を迎え、末脚を生かせることができれば、一発があるかもしれない。

ロンドンタウン コリアCGI勝馬ではあるが、出走馬の実力が少し落ちるレースであり、日本で結果を残しているのがG3レースのため、ここでは勝ち負けは厳しいかも。ただ鞍上が、南関のトップジョッキー御神本騎手のため、馬券圏内の可能性は大いにある。

ノボバカラ 1200~1400mに多く良績があり、2017年には2着の成績を残しているが、近走での重走成績が振るわないため、ここでは見送るべき。

オールブラッシュ 逃げて粘りこめれば、2018年のかしわ記念の再現で馬券圏内を確保できるかも?勝ちは難しいが3着以内には期待できる。

その他、地方・地元馬9頭出走予定だが、3着以内には実力が足りていないと予想する。
さあ今年栄冠を手にする馬は!?
2019年10月14日 盛岡競馬場17:30発走予定