SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

藤田菜七子が挑むJRA重賞初の快挙とは?

Text:あもあもだいち

阪神・中山・香港で重要なレースが開催

12/8の日曜日、競馬界において重要なレースが、阪神、中山、香港で開催される。
まずは、阪神競馬場で行われる、2歳牝馬のチャンピオンを決める「阪神ジュベナイルF(GⅠ)」。
古くは、ヒシアマゾンが勝ち、ウォッカやブエナビスタなども、ここを勝ってG1馬の仲間入り。
その後も多くのG1を勝つなど、名牝の登竜門のようなレース。 果たして今年はどの馬が名牝への切符を勝ち取るのか?

そして、中山競馬場では、ダート短距離の重賞「カペラS」。
このレースでの注目は、何と言ってもコパノキッキング!!
昨年も勝っているため斤量が58kgと背負わされるが、他の登録馬に比べ実績は一枚上のため、ここは十分勝ちが期待できる。
なによりも、藤田菜七子が騎乗するのであれば、JRA重賞で初の女性騎手による制覇となり、歴史をまた一つ塗り替える快挙となる。

最後に、香港で行われる、4つのG1レース。今年も日本から、多くの馬が出走予定である。
注目は、香港ヴァーズに登録されているディアドラ(牝)と、香港カップに登録されているウインブライト(牡)!!
この2レースは、日本馬の制覇を期待してしまうレースである。

12/8日曜日、阪神で中山で香港で、新たな歴史が生まれる瞬間を見守りましょう!