SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

フランスの妖精ミカエル・ミシェル。”美しすぎる”だけじゃない実力とは?

Text:あもあもだいち

関東以外でも、高知・佐賀・名古屋でも応援できるチャンスが

フランス競馬で活躍している、女性騎手ミカエル・ミシェル騎手(以後M.ミシェル)が、川崎競馬場で地方競馬、初騎乗を果たした。
M.ミシェルは昨年、札幌競馬場で行われた、ワールドオールスタージョッキーズに、出場するため日本へ来日。
3戦目でJRA初勝利を挙げ、シリーズ3位タイの成績を収めるなど、しっかりとした騎乗技術があり、またモデル顔負けの美しさから、日本でも人気となっていた。

そんな彼女、日本での通年免許試を取得希望で、今年の秋にそのテストを受ける予定。
JRAでの短期免許の資格がない彼女は、日本での騎乗に慣れるため、短期免許の資格がある地方競馬場からの参戦となった。
母国のトリコロールカラーを模した騎乗服(地方競馬では、騎手がデザインを決める)をまとい、 初日から5鞍に騎乗。地方競馬初勝利は上げることは出来なかったが、8レースに2着と惜しいレースがあり、腕も確かなところを日本のファンに見せた。

短期免許は3月31日までの予定で、地方の女性騎手が争うLVRレディスヴィクトリーラウンドに参戦することも、急遽決定。
関東だけではなく、高知、佐賀、名古屋でも、現地でM.ミシェル騎手を応援するチャンスがある。
はたして、M.ミシェル騎手の初勝利はいつなのか!?
そして、日本にいる間に何勝するのか!?
今後が楽しみなM.ミシェル騎手。1月28日も川崎競馬場で、6鞍の騎乗予定している。