SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

左右の骨盤の歪みや冷えの改善に効果抜群の開脚前屈の正しい方法とは?

Text:関口由紀

開脚前屈のポーズ

血流が滞ると、特に足先などのカラダの末端が冷えすくなります。このポーズは、骨盤まわりの血行を促し、もも裏やふくらはぎをストレッチすることで、足先まで血流を巡らせ、全身を温めます。毎日行えば、左右の骨盤のゆがみ改善に。

①脚を左右に開いて座る。座骨を床につけ、骨盤を立たせて背筋を伸ばしたら上体を前へ倒す。
②背すじを伸ばしたまま、脚のつけ根から前屈する。手は自然に前に伸ばして5呼吸キープする。
③ゆっくりと起き上がり、リラックスする

肩鼻呼吸でリラックスタイム

鼻を指で片方ずつ押さえながら行う呼吸法。交感神経と副交感神経の働きをコントロールします。左右の脳、左右の カラダのバランスを整える効果があります。また、鼻の病気や不眠症、頭痛の改善も期待できます。

【書誌情報】
『温かくてしなやかな「ちつと骨盤」が体と心を幸せにする。』
著者: 関口由紀 著/YUKO 著/ガロワーズカオリ 著

あらゆる不調、もしかしたら ちつと骨盤が原因かも? 世界的に見ても、おしゃれや美容、 健康に気をつかう日本人女性。 でも、ある部分のケアについては これまで無頓着に過ごしてきました。 それが、「ちつと骨盤」です。 恥ずかしいからと雑に扱っていると、 生理痛、PMS(生理前症候群) 、冷え症、黒ずみ、 頭痛、肩こり、腰痛、尿もれ、便秘、性交痛、不感症、 骨盤臓器下垂、難産……などなど、 あらゆる悩みに、つながってしまうのをご存知ですか? 本書は、ちつと、体の土台であり子宮を支える骨盤にフォーカスし、 包括的な女性器周りのケア方法をご紹介する1冊。 ちつまわりのマッサージ、骨盤ヨガなど、 5つのケアの実践方法をイラスト満載で解説します。 温かくしなやかな「ちつと骨盤」は、 私たちの体と心をとても幸せにしてくれます!