SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

18年10月、Tリーグ誕生!!

ドイツリーグをモデルに

目にも止まらぬスピードでラリーを展開する卓球のトップ選手たち。そのプレーには息を飲むばかりです。その中で、相手がどのような攻撃をしてくるのかを予測し対応するのですから、私たちには思いも及ばない戦いを繰り広げているのでしょう。

そうしたトップの選手たちのプレーを見ることは、見るファンにとっては驚愕のプレーを楽しむことができますし、実際にプレーをしている人にとっては、少しでも自分の競技に役立つエッセンスを得る場としても意味深いことかもしれません。そんなトップ選手の活躍が、日本国内でも観戦することができるのです。

2018年10月、卓球の新しいリーグ「Tリーグ」が誕生します。Tリーグとは、ドイツのリーグをモデルに構想されました。ドイツでは1部から16部まで存在するピラミッド構造。うち1部と2部がブンデスリーガとして全国規模でプロ選手、海外選手が活躍する場となっています。

日本では、男子はT.T彩たま、木下マイスター東京、岡山リベッツ、琉球アスティーダ、女子は木下アビエル神奈川、TOP名古屋、日本生命レッドエルフ、日本ペイントマレッツの各4チームが参戦します。水谷隼選手や平野美宇選手など、すでに世界のトップレベルで活躍している選手の参加も予定されており、まさに注目のリーグと言えるでしょう。レギュラーシーズンは10月から2月(1月は日本選手権、ワールドツアーによる中断期間あり)、3月にファイナルがあります。

日本卓球リーグも

歴史ある日本卓球リーグ実業団連盟主催の日本卓球リーグも存在しています。女子の日本生命がTリーグ参加のため休止しますが、男子は協和発酵キリンや東京アートなど、女子はアスモやサンリツなどが参戦しているリーグとなります。5~6月に前期、11月に後期が開催され、12月に年間チャンピオン決定戦が行われます。

この他、日本卓球協会が主催する全日本選手権、全日本社会人選手権、全日本実業団選手権などがあります。アジアカップ、ジャパンオープンなどの国際大会も開催されました。

こうやって見ていくと、国内で開催される卓球大会は数多くあります。トップ選手は海外で活躍することが多いスポーツですが、国内で開催される大会は要チェック。実際に卓球をプレーしている人も、見るだけの人も、日程を確認しておきましょう。

さらに注目度が高まっていく卓球界。2020年の東京オリンピックを経て、その流れはさらに加速していくのではないでしょうか。その流れにぜひとも付いていきたいものです。