SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

大きなレベルアップにつながるハーフショットの狙い打ち練習とは?【中井学のゴルフ練習革命】

Text:中井学

コンパクトスイングで仮設ターゲットを狙う

クラブをフィニッシュまで気持ちよく振り切るフルショットの練習じゃないと面白くない!多くのアベレージゴルファーは、そう口を揃えます。

「コンパクトスイングの練習もしましょう」と私がこれまで何度も申し上げても、残念なことに5~10球打つだけですぐにフルショットに戻ってしまいます。

フルショット、スリークォーターショット、ハーフショットの3段階が打ち分けられるようになると、ゴルフのレベルがかなり向上します。

コンパクトスイングの練習を積めば、フルショットやアプローチショットのスイングも整います。

いってみれば、コンパクトスイングを身につけるだけでシングル入りに大きく前進できるのです。

コンパクトスイングの場合、フルショットと比べて出球が少し低くなります。

練習場の仮設グリーンを狙って、低めの球でグリーンの手前から攻めるイメージで打つ練習を積むと有効です。

仮設グリーンがなければ、自分で直径20ヤード大のグリーンを想定し、大きな円の手前から乗せていくつもりで打ちましょう。

クラブを1番手上げて打つ必要性も出てきますが、スリークォーターショットやハーフショットでグリーンやピンを狙う練習を通じて、「ボールが曲がりにくい」「ミスが半分に減る」「狙ったところに打ちやすい」などの発見が得られたら、あなたのゴルフ観が大きく変わることでしょう。

コンパクトスイングはフルショットと比べてボールが低い角度で飛んでいきやすいですから、風が強い日の想定練習にもなります。

風対策のショットとしてはボールを通常よりも1個ぶん内側に置いて上からヒットする方法もありますが、バックスピンがかかりすぎて逆にボールが吹き上がってしまうことがよくあります。

その点、ボールを通常の位置にセットしてコンパクトにスイングするだけで風に影響されにくいいローボールが打ちやすくて有利です。

練習の内容や取り組み方も100パーセント変わり、練習の無駄もなくなってくるはずです。

【書誌情報】
『あなたのスコアが一変する! 中井学のゴルフ練習革命 次のラウンドで結果が出る実戦スイングのつくり方』
著者:中井学

アマチュアゴルファーの多くは「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップにつながらない」というのが、練習成果の現状。本書の著者・中井学プロは「上達するには練習は欠かせないが、その成果がなかなか表れないのは練習に工夫が足りないから。少しの工夫で、もっと早く上手くなれる」と言う。つまり、練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるということ。この本では「無駄な練習をしないことが上達の近道」という考えのもと、「練習場」「ラウンド前」「ラウンド後」でできる効果的な練習方法をカラー写真で紹介。さらに、QRコードから視聴できる動画からもその方法が確認できる。今の練習にひと手間加えれば「次のラウンドで驚きのスコアアップ」ができる、その練習テクニックのすべてが詰まった一冊!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内