SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

30、木曽の暴れん坊、 義仲【日本史】

Text:鈴木 旭

驕(おど)れる者は久しからず。治承四年(一一八〇)、平清盛が後白河法皇を退位させ、孫の安徳天皇を即位させると地方武士団や京の公卿、寺社の間で不満が爆発します。

 

まず、源頼政が諸国武士団の決起を呼び掛ける後白河法皇の次男以仁王(もちひとおう)の令旨(りょうじ)(命令)を奉じ、平氏打倒を宣言。真っ先に呼び掛けに応えたのが、伊豆に流されていた源頼朝(みなもとのよりとも)と木曽の暴れん坊、義仲でした。

 

特に義仲は倶利伽羅峠(くりからとうげ)で平氏の大軍を撃破して入京するのですが、折からの飢饉にあえぐ都で略奪暴行の限りを尽くすだけ。これを見て、巧みに泳ぎ回ったのが後白河上皇。義仲には平家追討を命じ、関東の源頼朝には「即時上洛」を命じたのです。

 

しかし頼朝もさる者。東海・東山・北陸三道の国衙領(こくがりょう)と荘園は元のように国司と本所に返還せよ、という勅令発布を要請。その執行代理人として力を振るう大義名分を獲得します。なかなか世慣れた人でした。

  

出典:『図解 眠れなくなるほど面白い 日本史』著:鈴木旭

【書誌情報】
『図解 眠れなくなるほど面白い 日本史』
著:鈴木 旭

予想をはるかに越え、驚くべきほど進歩的な生活だった縄文文化から、戦後を経た現代まで、日本史の流れと疑問点がスッキリわかる!--知りたい通史の流れと時代ごとのポイントが完全図解でわかりやすく、時代の変遷、事件、人物、背景がどんどん頭に入ってくる。最新の発見や新しい史論を取り入れた、歴史の学び直しにも、入門にも最適な1冊。