SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

筋肉を伸ばす時に思い描くべきイメージとは!?

ストレッチしているとき、筋肉に痛みを感じると「伸びている」と実感しますよね。心地よい痛みを感じつつ伸ばすのはいいのですが、「痛いけどもっと伸ばそう」 と反動をつけてグイグイ伸ばすと、鋭い痛みが走り筋肉を傷めてしまうことがあります。

筋肉には「伸張反射」という働きがあります。これは、筋肉がいきなり強く引っ張られたときにギュッと縮む反応のこと。伸び縮みしたときに働く筋肉の運動感覚器官「筋紡錘」が「これ以上伸ばされたら切れる」と判断して、人の意思とは関係なく筋肉をこわばらせるのです。

また痛みを感じると、無意識に呼吸を止めてしまうことがあります。呼吸を止めると筋肉に酸素が運ばれなくなり、筋肉がガチガチにこわばってしまいます。

筋肉を伸ばすときに思い描いてほしいのは、ビニール袋をゆっくり引っ張って伸ばしていくイメージ。力任せに引っ張るとちぎれてしまいます。

伸びていない場所を意識して引っ張ったり、少し左右に揺らして引っ張ってみたり…。呼吸を深めつつ筋肉のどこが伸びているかを感じ、「イタ気持ちいい」を味わいながらじわじわと伸ばすよう心がけてください。

【書誌情報】
『世界一カラダが柔らかくなるすごいポーズ』
監修:Kaz(エクササイズディレクター/ヨガインストラクター)

たった“1ポーズ”で全身柔らかくなる! 超時短でしなやかなカラダに!肩こりや腰痛、カラダがだるくて重い、太りやすい……。そういった症状はカラダが硬く、血流が悪くなっていることが原因かもしれません。そんなカラダが硬い人に向けてたった1ポーズで全身がみるみる柔らかくなる“Kaz式ダウンドッグストレッチ”をご紹介します。通常、ストレッチは部位ごとに色々と伸ばさなければならないのに対して、本書のストレッチはたった1ポーズを1分間行うだけで即完了!そんな超時短でありながら、背中、肩甲骨、お尻、ふくらはぎ、アキレス腱、腕など硬くなりやすい部位を一気に伸ばせます。カラダが柔らかくなると、やせ体質、血流促進、むくみ改善、肩こり腰痛解消など、様々なメリットがあり、日々の生活に活力が戻ります!また、人それぞれ硬い場所は違うもの。まずは“柔軟度チェック”で自分のカラダの状態を知り、タイプ別の解消法でカラダをほぐしてみましょう。本書で自分史上最高に柔らかいカラダを手に入れてみて下さい!