SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

入団したての子供同士でキャッチボールをさせると…

チームに入りたての子供同士でキャッチボールをさせても、走ってるだけ

投げることも捕ることも未熟なのでキャッチボールが成立しないんですね。

後ろに壁でもない限りボールははるか後方まで転がり続け、走って捕りに行かなくてはなりません。

最初はコーチの大人が相手をしてあげるのが良いでしょう。

【書誌情報】
『少年野球あるある』

少年野球チームにわが子を預けている親なら、これを観戦する楽しさといったら説明不要でしょう。毎週末が楽しみですよね! ? 時にはレギュラーを外されて悔しかったり、試合に負けて涙を流したり、泥だらけのユニフォームの洗濯が大変だったり、そんなことを全部ひっくるめて”少年野球”は楽しいのです! ! そんな日常の現場から、プロ野球や高校野球などでは絶対にお目にかかれない”あるあるネタ”を集めました。例えば「デットボールが当たった小さい子が、ファーストに行く前に泣きながら応援席のお母さんの所に行ってしまって戻ってこない」なんてことは少年野球でしかありえません。でも、こういうのって大人からするとなんだか心がホッコリするんです。子供たちは一人残らず純粋に野球を頑張り、楽しんでいます。だからこそ起こる色々な”少年野球あるあるエピソード”をお楽しみください! ! !