SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ダウンスイングで前傾を保つ体重のかかる位置とは!?【三觜喜一の最強インパクトを作るうねりスイング】

Text:三觜喜一

【アマチュアに多い動作のエラー】インパクトで体が起き上がる

カカトに体重がかかることでクラブの遠心力と拮抗する

スイング中体重がどこにかかっているかを再確認しておきましょう。アドレスで体重がかかるのは母指球のちょっと先くらい、ツマ先まではいきませんが若干前めです。
 

初期動作の瞬間から少しカカト方向に体重移動し始め、ダウンスイングはずっとカカトにかかります。右足のカカトから左足のカカトに移動するのですが、感覚的にはつねにカカトにあり、これができてくると前傾姿勢がキープできます。

アマチュアゴルファーで、お尻のラインがスイング中変わらないという人はまずいませんが、それは体重のかかる位置が悪いせいで、カカトからカカトに移動できるとお尻のラインは変わりません。
 

このときもしクラブがなかったら、体が後ろに持っていかれてしまいますが、それはハンマー投げのようにクラブに遠心力が働いているからで、要はカカト重心にすることで、うまく拮抗されているということです。

出典:『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』著/三觜喜一

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。