SPORTS RELEASE
- スポーツの新しい情報をお届け! -

【F.C.大阪】11月3日(水・祝) 高知ユナイテッドSC vs F.C.大阪 試合結果

F.C.大阪
大阪府東大阪市をホームタウンとするサッカークラブ「F.C.大阪」は、11月3日(水・祝)に第23回 日本フットボールリーグ 第29節 vs.高知ユナイテッドSC をアウェイ・高知県立春野総合運動公園陸上競技場にて行いました。 試合結果は下記の通りです。


11月3日(水・祝)に第23回 日本フットボールリーグ 第29節 高知ユナイテッドSC vs F.C.大阪(@高知県立春野総合運動公園陸上競技場13:00 KICK OFF)が行われました。結果は下記の通りです。

高知ユナイテッドSC 0-1(前半0-0) F.C.大阪
得点者:澁谷(54分:F.C.大阪)


 3連戦の2試合目。日差しの日差しが強く、気温の割にはやや暑さを感じる中行われた今日の一戦。
 前の試合から中3日のF.C.大阪は前節のスタメンからGK安田、MF町田以外の9選手が入れ替わり、中でもMF澁谷とFW塚田は久しぶりの出場、MF濱野は今季リーグ戦では初出場、DF宇高は8月のF.C.大阪加入後初出場となった。またFW横野、FW高橋も久しぶりのベンチ入りを果たした。
 前半、F.C.大阪はボールをキープ。ディフェンスラインからしっかり繋いで得点のチャンスを伺う。しかし相手の集中した守備からなかなかゴールにパスが通らず、チャンスを作り出すことができない。前半両チーム通じて唯一のシュートとなった19分、MF舘野のクロスにMF濱野が合わせヘディングシュートを放つも相手GKにキャッチされる。一方F.C.大阪守備陣も集中した守りから相手にチャンスを作らせず、スコアレスで試合を折り返す。
 後半、F.C.大阪はFW塚田、MF町田に替えてFW横野、FWエジウソンを投入し得点を狙う。だが前半から一転してゲームのテンポが上がると、F.C.大阪は相手に攻め込まれるシーンが出てくる。しかしF.C.大阪守備陣が後半も集中した守りで得点を許さない。61分にDF美馬に替えMF前田を投入し、ゲームのテンポをコントロールすると67分、DF橋本からの縦パスを受けたMF澁谷が中盤からドリブルで自ら持ち込み、ペナルティエリア外側からミドルシュートを放つと、このボールはゴールに吸い込まれ待望の先制を果たす。先制を果たした後のF.C.大阪は、74分にMF濱野、MF澁谷に替えDF佐藤、FW高橋とフレッシュな選手を投入。最後は相手の猛攻を受けるも、GK安田のビッグセーブで防ぎきると、DF佐藤の果敢な駆け上がりやFW高橋の体の張ったボールキープで時間を使い、MF澁谷のあげた得点を最後まで守りきって試合終了。
 F.C.大阪は安田、佐藤、宇高、澁谷の新卒選手の活躍で、4月の第5節以来久々の連勝。J3昇格ラインであるV大分が勝利を上げたため勝ち点の差は6のままで詰まらなかったが、望みを繋ぐ大切な1勝となった。

F.C.大阪スターティングメンバー(Photo:週刊ひがしおおさか)
先制点となるシュートを放つMF澁谷(Photo:週刊ひがしおおさか)
F.C.大阪加入後初出場でしっかりと守り切ったDF宇高(Photo:週刊ひがしおおさか)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ