SPORTS RELEASE
- スポーツの新しい情報をお届け! -

軽さ極める!カーボン×ミニマルデザインが次世代の走りを、電動アシスト自転車「ENDRAGWAY Carbon Age」Makuakeに初登場

鑫三海株式会社
AFUストア(運営会社:鑫三海株式会社、本社:大阪府堺市堺区、代表取締役:伴場 義通)は、応援購入サービスMakuakeにて、カーボンフレームとミニマルデザインを採用し、軽さを極めた電動アシスト自転車「ENDRAGWAY Carbon Age」の先行予約販売を、2021年12月22日に開始しました。


ENDRAGWAY Carbon Age Makuake販売ページ
https://www.makuake.com/project/carbon_age/
販売期間:2021年12月22日~2022年3月21日 18:00




電動アシスト自転車「ENDRAGWAY Carbon Age」について

AFUストアは、2021年初春にnaicisportsと共同開発した電動アシスト自転車「naicisports power2.0」をMakuakeで先行販売し、1億2,350万円もの応援購入をいただき、多くのメディアにも取り上げられました。そして一年を経た今、待望の新作「Carbon Age(カーボン エイジ)」が日本初登場。
naicisportsと共同で新たに「ENDRAGWAY(エンドラグウェー)」を立ち上げ、第一弾としてカーボンフレームを採用し軽さを極めた「Carbon Age」を開発。快適な走行性能を高めるため、皆様のお手元にお届けするまで、徹底した改良を続けてまいります。

1.軽さを極めて毎日を快適に楽しく
F1マシンや航空機にも使用されているカーボン素材をフレームに採用。ミニマルデザインを追求し、無駄を極限までカットすることで、約15.5kgと超軽量級の車重を実現しました。軽さを極めることで、持ち運ぶときの負担を軽減。コンパクトになる折りたたみ機構を搭載し、ご自宅での保管も省スペース、輪行袋に入れると電車やバスに載せて旅先でサイクリングを楽しめます。




2.最大110km、長距離走行も安心のダブルバッテリー
電動アシスト自転車で気になるポイントはバッテリーの持ち具合。本体のサドルバッテリー7,000mAhとオプション販売のボトルバッテリー5,200mAhを合わせると、最大で110kmのアシスト走行が可能です。日々の通勤や通学程度であれば、毎日充電しなくても大丈夫。旅行やアウトドアで思いっきり楽しみたいときもタフな走行をお約束します。バッテリーが切れても、世界シェアNo.1のSHIMANO製の7段変速ギアで軽快な走行を続けることができます。



3.あなたのスタイルが見つかる6色展開
カーボンを採用することでフレームは溶接痕のない美しい成形を実現。フレームに配線を内蔵し、見た目をスッキリとしたデザインはクールでスタイリッシュ。カラーバリエーションは豊富な6色展開。自転車ではレアな素材を感じるカーボンブラックは、Makuakeのみの限定販売です。あなたのスタイルに合わせてお選びください。





プロジェクト概要 電動アシスト自転車「ENDRAGWAY Carbon Age」









企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内