SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【広島カープ】ベテランになったら梵英心のようになりたかった理由とは?《天谷宗一郎さんオンライントーク》

自分のプレーを上から見ているくらい冷静だった梵英心

2018年まで広島カープで活躍した天谷宗一郎さんが『ラブすぽオンライントーク』に登場だ!

現在は野球解説者として活躍している。


天谷宗一郎さんといえば「感情を強く出す熱いプレー」が魅力的だった。

しかし、自身では年齢を重ねるごとにこのプレースタイルに違和感を感じていた部分があったと話す。

ベテラン=クール、冷静

というものが必要なのではないかと。


そして、そういう意味で最も憧れていたのは梵英心だったという。

天谷宗一郎さんの目から見て、梵英心は自分のプレーを冷静に頭上から達観できているように感じられたとのこと。


しかし、解説者として野球を外から見るようになってその考えも変わってきたという。

自分の持ち味であった「熱いプレー」というものを消してまでクールだったり冷静なスタイルに変えるというのは相当な鍛錬が必要だったはずで、その鍛錬をしなかったのに頭の中だけで変わろうとしたことが、今となっては反省点だったと振り返る。