SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

千葉ロッテマリーンズ大型ルーキー内野手池田来翔が身体を大きくする理由【ラブすぽ独占インタビュー】

首の太さはおそらくチームNo.1

千葉ロッテマリーンズは昨秋のドラフト会議で国士舘大学の大型内野手、池田来翔(らいと)を2位指名した。池田来翔は地元・習志野高校出身であり、同校OBの福浦和也打撃コーチの後輩にあたる。

池田来翔は太ももの太さが63cmほどもあり、いわゆる女性のウエストと形容されるような太さを誇る。首の太さもおそらくチーム1と思われる。そうやって体を大きくした理由を「怪我をしにくくするため。そして大型内野手が不足する中で、自分が(大きくなることで)目立っていきたいと考えたため」と語る。

他球団も含め、プロ野球界には身体の大きな選手が多いと話す池田来翔。プロに入り、練習量などまだ慣れていない部分もあり、さらなる身体作りも考えているということだ。

収録:2022年2月22日
協力:千葉ロッテマリーンズ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内