SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

昨季優勝争いの中で先発4勝。千葉ロッテマリーンズ2年目右腕河村説人!【ラブすぽ独占インタビュー】

優勝へ向け経験を活かしたい

千葉ロッテマリーンズは昨季2位。マジック3までパ・リーグ優勝へと迫った。主力選手である荻野貴司、中村奨吾がしっかり出塁し、マーティン、レアードの両外国人が得点に繋げた。藤原恭大、安田尚憲、山口航輝ら若手の成長もあった。

投手陣もベテランの石川歩に加え、小島和哉が後半戦だけで3完投2完封と飛躍。佐々木朗希が5月デビューで11試合に登板する等、ベテランから若手まで力を発揮している。

そんな2021年シーズンの後半戦で、先発として4勝を挙げたのが河村説人(かわむら・ときと)だ。「チームが優勝争いをする中での登板は、ルーキーとしてきつかったのでは?」という質問には「1年目というのは意識しませんでした。」「順位が決まって消化試合で投げるのと、優勝を目指す中で投げるのでは野球選手としてやりがいが違い、プラスに捉えていました」と答える。

昨季の優勝争いの経験は、必ず今季に活きるはず。開幕戦は3月25日(金)だ。千葉ロッテマリーンズと河村説人の戦いに期待したい。

【ラブすぽ】河村説人投手独占インタビュー
協力:千葉ロッテマリーンズ 22年3月2日実施

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内