SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

「とにかくヒットを打つ」6シーズン4割3度のヒットメーカー!関東学院大・関龍摩【ドラフト2020】

2020年10月26日に開催されるドラフト会議。

雑誌『がっつり!プロ野球』が誇るライター陣がが注目候補を紹介する。

関東学院大学の関龍摩は「とにかくヒットを打つ」外野手だ。

昨年秋までの6シーズンで、3度の打率4割を記録している。

簡単にヒットを打つ面白い選手だ。

木製バットの使いこなすレベルは、プロでも順応できれば、3割は夢ではないという。

右の清水隆行(元巨人)といえばイメージしやすいか。

とにかく打撃の魅力が高く、プロでも活躍を見てみたい選手が関龍摩なのだ。

※収録:20年9月18日
「動画内の写真提供:西尾典文(プロアマ野球研究所)」

【ドラフト座談会参加者】
氏原英明:スポーツジャーナリスト。『甲子園という病』著者
西尾典文:スポーツライター。日本一、ドラフト候補を見ている男
菊地高弘:スポーツライター。ドラフト会議ではラジオ解説も務める
花田雪:スポーツライター。座談会司会。『がっつり!プロ野球』創刊時からの編集担当