SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

大学卒業直後にアメリカに行った経緯&過酷なマイナー生活のリアル《G.G.佐藤オンライントーク》

新聞広告に出ていた入団テスト&本当に毎日ハンバーガーのマイナーリーグ

プロ野球選手になれる人だって、ずっと順風満帆に学生生活を送って来た人ばかりではない。

G.G.佐藤さんもそうではなかった人の一人。


レギュラーを勝ち取れなかった法政大学野球部時代。当然、大学卒業後にNPBに行ける評価ではなかった。

結果として法政大学を卒業して、アメリカのフィラデルフィア・フィリーズに入団したG.G.佐藤さん。どういう経緯で入団したのか聞いてみた。


なんと、新聞に小さく「日本で行われるフィリーズの入団テスト」の記事が出ているのを見て応募→200~300人の中で1人だけ合格という非常に珍しいケースだったことを教えてくれた。


入団していきなりメジャーリーガーになれるわけではなく、最初はマイナー(日本でいう2軍、3軍のこと)に所属。

“ハンバーガーリーグ”と言われているくらい毎日の食事がハンバーガーばかりだということを教えてくれた。

他にもマイナー生活で苦労したことは多かったとのこと。

給料は月に約10万円。

移動のバスは平均5時間、長いと12時間乗っていることも…。

真夏にもかかわらずメジャーリーガーは車内のクーラーをガンガンにかけるので、G.G.佐藤さんはニット帽を買ったというから驚きだ