SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

プロの外野手は打てないと2軍に落ちる。守備力は関係ない!《G.G.佐藤オンライントーク》

プロの外野手はファインプレーをしてもレギュラーにはなれない

G.G.佐藤さんはキャッチャーとして西武ライオンズに入団した。

しかし、松坂大輔のスライダーが曲がりすぎて捕れなくてキャッチャーをあきらめたという。

そして、G.G.佐藤さんは外野手に転向。

そのときに外野守備コーチに言われた言葉があるという。

「プロの外野手に守備は関係ない。打てれば試合に出られる。だからバッティングを極めろ。」と。

たしかに内野手に比べると、試合で外野手の守備機会というのは少ない。

だとしたら、バッティングで存在価値を示すしかない。

守備のコーチでさえ「バッティングを極めろ」というのがプロの外野手に求められる現実だと教えてくれた。