SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

北京オリンピックでのエラーについて、野村克也監督がくれた救われる言葉とは?《G.G.佐藤さんオンライントーク》

エラーのEで「E.E.佐藤」と新聞に書かれた2008年の北京オリンピック

2008年の北京オリンピック。

準決勝で2つのエラー、3位決定戦でもエラーをして戦犯扱いを受けたG.G.佐藤さん。

当時のことを鮮明に覚えている野球ファンはいまだに多いはずだ。

星野仙一監督は「日本を代表する最強の布陣」「金メダルしかいらない」と宣言していた。

しかし、結果は4位だった。

G.G.佐藤さんは準決勝、3位決定戦でのエラーが大きく試合結果に影響したことで、オリンピックから帰国してからも「A級戦犯」とマスコミに叩かれた。

ここで、G.G.佐藤さんは故・野村克也さんとのエピソードを教えてくれた。

2020年2月に亡くなった野村克也さんだが、その亡くなる1週間前にG.G.佐藤さんは会って話す機会があったという。

そこで、救われるような言葉をもらったと話してくれた。

はたして何と言ってもらったのだろうか?

「エラーをしたけど、お前は名を残したのだから勝ちだ。名を残したもの勝ちだから。」