SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

畠山和洋が感じた「2年目のジンクス」とは!?

レギュラーを掴んだと思われた、畠山和洋が急に試合に出られなくなった。

それは、パッとでの選手は、変化球に強ければ打てる。

なぜなら、投手は、知らない選手に真っ直ぐを投げて打たれたら、首脳陣に怒られてしまうからと語る。

畠山和洋は変化球が強かったので打てていたが、しかし、試合に出続けていくと、だんだんと打てなくなっていく。

そこで、畠山和洋が感じた「2年目のジンクス」とは!?