SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

畠山和洋が和田一浩から得たバッティングとは!?

和田一浩のバッティングを参考にし、本人からアドバイスをもらった畠山和洋。

バットの軌道上ボールにアジャストするのは、真ん中はレベル、高めは上から、低めは下から分けて打つのが理想だが、投手がボールを放してから0.何秒では対応できない。

しかも「人間というのは反射神経が絶対働く」それによって、打つ時のバランスが崩れてしまい、ボールをうまく捉えられないため、打てない。

そこで、和田一浩から得て畠山和洋が考えたバッティングとは!?