SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

相手バッターとの心理戦を楽しみたかった井川慶が思う「ピッチャーに1番大切なもの」

投手にとって1番大事なのはスピードやコントロールなどではなく「心理」と語る井川慶。

具体的にその「心理」とはどういったことを考えることなのか?

それは「相手のバッターが何を待っているかを読む」ということ。

そのためには、こちらの心理も読まれないようにマウンドで表情を出すこともしないようにしていたという。

また、自分の癖が分かっていれば、その癖を逆に利用してピッチングをしていたこともあったという。

ピッチャーvsバッターの心理戦を楽しめた数少ないピッチャーだったからこそ、結果を残せたという分析もできるかもしれない。