SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

盗塁に必要な「思い切り」、そしてその思い切りを出すために必要になってくるのが「走れる根拠集め」《レジェンド外野手・飯田哲也オンライントーク》

野村克也監督に「走った根拠は何だ?」と常に質問されていた

1992年に盗塁王のタイトルを獲った飯田哲也さん。

盗塁に必要なことを聞いてみた。


実は足の速さはチームで一番だったわけではないという。

必要だったのは技術的には「スタート」、精神的には「勇気・思い切り」だという。

そして、その「思い切り」を出すために必要だったのは「走れる根拠」だったという。

ピッチャーによるが、例えば「ロジンを握ったら牽制を投げない」「サイン交換で首を3回振ったら牽制はない」など。

「なんとなく行けそうだったから走った」ではなかなか成功できないのがプロの盗塁だ

飯田哲也さんは「走れる根拠」増やすために、他人が塁に出ていた時も一人一人のピッチャーの癖を見て、根拠の数をどんどん増やしていく作業を常にやっていたという。


このような考え、行動に至ったのには、やはり野村克也監督の影響が大きかった。

野村克也監督にも「走った根拠は何だ?」と常に質問されていたので、それにしっかりと返答できるように根拠を持った盗塁を心掛けていたという。

野村克也もスゴいし、それに応えた飯田哲也さんも素晴らしい。