SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

入団直後のキャンプ、ガルベス&木田優夫に挟まれたブルペンで自信を失った《入来祐作オンライントーク》

ガルベスと木田優夫のボールが凄かった

 2021年よりオリックス・バファローズの2軍投手コーチを務める入来祐作氏。

 現役時代は1996年ドラフト1位でジャイアンツに入団。

1年目から57試合に登板するなど活躍し、2001年には13勝4敗で最高勝率(.765)のタイトルに輝いている。

 その後、ファイターズやベイスターズ、アメリカでもプレー。引退後はホークスでもコーチを務めた。


 そんな入来祐作さんが巨人入団直後のキャンプで初めてブルペンに入ったときのことを教えてくれた。

ピッチャー陣は何人かブルペンに並んで投げるのだが、前後がガルベスと木田優夫だったという。

2人とも高身長から力強いストレートを投げ下ろす投手。


その場で衝撃を受け、自分のボールの弱さを感じたとのこと。

と同時に、プロでやっていけるのかどうか不安が湧いてきたという。