SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【西武/巨人】左ピッチャーから盗塁するときの秘訣とは!? 走りやすかったピッチャーは杉内俊哉!?≪片岡保幸トークショー≫

左ピッチャーから盗塁するときの基準を伝授!


片岡保幸さんの代名詞と言えば「盗塁」。

アマチュア野球では左ピッチャーの時に2塁への盗塁が難しいとよく言われるが、片岡保幸さんはどうやって盗塁していたのだろうか?

 

言葉で説明するのはなかなか難しいが、端的に言うと「右足が左足とクロスした瞬間にスタートが切れたらGO」という基準が自分の中にあったという。

クロスした後にピッチャーの左足はホームの方に流れるわけだが、流れてしまっていたらもうスタートは切らないようにしていたということだ。

アマチュア選手はぜひ覚えておいて欲しい基準だ。

 

ちなみに現役時代を振り返ってもらって走りやすかった左ピッチャーは杉内俊哉(ダイエー/巨人)だったという。

理由はクイックが速くなかったからとのこと。

ちなみにロッテのピッチャーは総じて走りにくかったとのこと。チームとしてクイック練習などを多く取り入れているのかもしれない。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内