SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

斎藤雅樹が市立川口高等学校を選んだ理由とは!?

小学5年生の時に、リトルリーグへ入り野球を始めた斎藤雅樹。

小学6年生の時には、全国大会に出場し、ベスト4に残るほど強かった。

しかし、残念ながら地元には、シニアチームが無かったと話す。

そこで、そんなに強いならシニアを作ろうとなり、実際に作られたが、その頃にはリトルのメンバー達は、各々の中学で軟式野球部に入り、シニアには入らなかったそうだ。

その後、高校進学を決める時期、リトル時代のメンバーから、市立川口高等学校の練習を見に行こうと誘われる。

そして、その練習を見に行った斎藤雅樹は、市立川口高等学校に進学すること決めたと言う。

斎藤雅樹が市立川口高等学校を選んだ理由とは!?