SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ソフトバンク】生涯打率.296に対して、生涯出塁率.392という数字を残せた「選球眼」の秘訣とは!?≪松中信彦オンライントーク≫

インコースを打つ技術を身に付けることが、アウトコースに意識を集中できる余裕を生む!

どうしてもホームランに目が行きがちな松中信彦さんの成績だが、生涯トータルの出塁率が.392という凄い数字を残している。

ちなみに生涯打率は.296だから、いかにフォアボールを多く選んだかという分析ができる。

フォアボールを選ぶために必要となってくるボール球を振らない「選球眼」について話を聞いてみた。

 

「ベースの近くに立つことによってアウトコースの見極めが上手に出来るようになった」と教えてくれた。

普通はそうすることでインコースに差し込まれたりする。

しかし、そこはインコースを上手く打てる技術力を身に付けたという松中信彦さんだ。

 

アウトコースの見極めの技術論として一つ教えてくれたのが、ピッチャーの手とアウトコースのストライクエリアに頭の中でラインを引いて、その軌道から外側のボールは振らないようにしていたとのこと。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内