SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ヤクルト】栃木ゴールデンブレーブスで現役を続ける理由とは?《村中恭兵:栃木ゴールデンブレーブス》

2018年に腰の手術をして、ようやく状態は戻ってきている

村中恭兵

東海大甲府高校出身。2005年の高校生ドラフトでヤクルトスワローズから1位指名を受けて入団。

2014年までは主に先発として、それ以降は中継ぎ投手として活躍して46勝をあげている。

2019年に自由契約となり、2020年は琉球ブルーオーシャンズに入団。

そして2021年からは栃木ゴールデンブレーブスに所属することとなった。

もちろん、NPB復帰を目指しての独立リーグでのプレーだと村中恭兵は宣言する。

振り返ると2014年から腰が痛くて思うようなボールを投げられなかったという。

そして2018年、限界がきて腰の手術を行った。

それから3年が経過して、状態は徐々に良くなってきているという。

完全な状態に戻れば、まだまだやれる可能性は大きい村中恭兵に期待しよう!