SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

ヒジを故障したとき、パンパンに腫れてヒジと上腕が同じ太さになった!?《村中恭兵オンライントーク/栃木ゴールデンブレーブス、ヤクルトスワローズ》

今は治っているが、当時はずっと痛かった

ピッチャーがヒジを故障すると、実際はどのくらい酷い状態になるのか?

日常生活もままならないのか?


村中恭兵投手の場合は「ヒジがパンパンに腫れて、太さが上腕と同じくらいになっていた」という。

それでもプロ野球選手として投げ続けた。「痛い」と口に出せるような立場、状況ではなかったとのこと。

先発すると3回ごろには握力が無くなり、ボールが抜けるようになっていたという。


普通では絶対に有り得ない、プロ野球選手のピッチャーならではの職業病だ。