SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ヤクルト】村中恭兵がマウンドから感じる「相手バッターの狙い」「相手バッターの調子」【栃木ゴールデンブレーブス】

ファールの打球はヒントがたくさん詰まっている!!

マウンドから見た「バッター分析」について話を聞いた。


投げていてファールを打たれたときに、どのボールを狙われていたか感じるという。

ヤバいと感じるのは例えばファールがバックネット裏に飛んだとき。

タイミングが合っていたわけで、怖さを感じるという。


また、変化球を投げたときにバットが全く動かないで見逃された時も相手バッターの調子の良さを感じるとのこと。

普通は少し振りにいってバットを止めるものだが、微動だにしないで見逃されると「ボールを見切られている」と気持ちの面で追い込まれてしまうことがあるという。