SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ヤクルト】村上宗隆は数字以外の面でも素晴らしい選手! でも、斉藤和巳さんなら抑えられる!?

ヤクルト・村上宗隆の成長が止まらない!


2021年シーズンは39本塁打を打って巨人・岡本和真と二人でホームラン王。

今年も5/19の時点で12本塁打。奇遇にも岡本和真も同じく12本で並んでセ・リーグトップという状況だ。

 

数字だけではない。

試合中のベンチを見ていても、誰よりも声を出してチームを盛り上げているように見える。

2年前はそういう姿はなかなか見られなかった。やはり、中心選手としての自覚が己を成長させているのだろう。

 

さて、ピッチャー目線で斉藤和巳さんならどう抑えるか?

「厳しいインサイドを攻めないとダメだ」と話してくれた。

デットボールを当てることは良くないが、あれだけの好打者だからこそ「当たったらゴメン」という気持ちでピッチャーも強い気持ちをもって勝負しないと打ち取れないと思うとのこと。

実際に勝負することはないと思うが、負けないエース・斉藤和巳にここまで言わせるのだから、改めて球界最高峰のバッターであることを認識させられる。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内