SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ヤクルト】生きる教材・青木宣親のベテランとしての価値は大きい! 斉藤和巳さんが若手だった時は秋山幸二の存在が大きかった!!【ソフトバンク】

具体的に「ベテランの力が活きるシチュエーション」というのはどういう時?


昨年から続くヤクルトの快進撃!

分かりやすく活躍している村上宗隆や山田哲人の存在も欠かせないが、ベテランとしてチームを引っ張っている青木宣親の存在を忘れていはいけない。

メジャーにも行った経験豊富な選手なので、いるだけで若手選手は勉強ができるというチームにとってプラスの面がある。

 

斉藤和巳さんがソフトバンクで若手のころでいうと、秋山幸二がベテランとしてチームに大きな影響を及ぼしていたとのこと。

ピッチャーの立場でそう感じていたのだから、野手陣はより強く感じていたはずだ。

 

具体的にベテランの存在が活きる場面というのはどういう時か?

一つや二つだけではないが、例えば調子の悪い選手などがいれば声をかけてメンタル的なサポートをしてくれたり、時には技術的なアドバイスもしてくれる。

とにかくべテランという存在は持っている引き出しの数が多い。

自分自身の活躍以上にチームにとっては大きな存在なのだ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内