SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【西武ライオンズ】ズバリ、2021年は優勝できる?《負けないエース・斉藤和巳オンライントーク》

辻発彦監督の緻密な野球ができるゲームが何試合作れるか?

2021年の西武ライオンズについて斉藤和巳さんの見解を聞いてみた。


辻発彦監督は緻密な野球をしたい監督。

しかし、試合展開が接戦になればやりようがあるが、「打つか?打たないか?」のような大味の展開になると緻密な野球はしたくてもできない。

ペナントレースで優勝するためには「接戦を制する力」がどうしても必要になってくる。そこに必要なのはディフェンス面、すなわち“投手力”なのだが…。


昨年を振り返ると、森友哉や山川穂高が打つと勝てるが、打たないと勝てないという試合が多かった。

やはり、投手陣がしっかりと投げてくれないと辻発彦監督の作戦も機能しない。

昨年のドラフトも、野手を多めに取ったのが気掛かりだと語る。

野球は点取りゲームだが、ノーガードの打ち合いだけでは苦しい。

投手陣の整備が優勝への道だと斉藤和巳さんは分析している。