SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【阪神】大山悠輔には「チームが勝てなければ自分の責任」だと思うくらい中心選手としての意識を持ってプレーして欲しい!≪関本賢太郎オンライントーク≫

※2021年10月27日の収録です

大山悠輔に期待している阪神ファンは多いはず。

昨年は打率.260でホームラン21本。もっと上の成績を期待する声もあるかもしれないが、それは2020年に打率.288でホームラン28本という成績と比べてしまうから。

今シーズンは7番バッターで開幕を迎え、5試合後には5番に昇格。

佐藤輝明の4番を16試合試した矢野燿大監督だったが、チームの低迷もあり17試合目からは大山悠輔を4番に据えている。

そんな大山悠輔について、同じ背番号3を継ぐ男・関本賢太郎さんにトークしてもらった。

大山悠輔は責任感の強い選手。

おそらく巨人の4番・岡本和真や、ヤクルトの4番・村上宗隆などと自分自身を比べて、優勝を逃した責任を感じているはず。

しかし、大山悠輔には甘い言葉はかけたくない。それくらいやれる選手だから。

あえて関本賢太郎さんは「チームが勝てない責任を感じてプレーして欲しい」と言う。

間違いなく中心選手なのだから、強い期待を持って叱咤激励してくれた。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内